附置研究所・研究センター


最終更新日
2016/07/27


更新情報

2016年01月08日 第70回品川セミナー申込を開始しました

2015年12月04日 第69回品川セミナー申込を開始しました

2015年11月25日 第70回品川セミナー情報を追加しました

2015年11月24日 第69回品川セミナー情報を追加しました

2015年11月06日 第68回品川セミナー申込を開始しました

2015年10月02日 第67回品川セミナー申込を開始しました

2015年09月04日 第66回品川セミナー申込を開始しました

2015年09月03日 第68回品川セミナー情報を追加しました

2015年08月27日 第67回品川セミナー情報を追加しました

2015年08月07日 第65回品川セミナー申込を開始しました

2015年08月06日 第66回品川セミナー情報を追加しました

2015年07月15日 第65回品川セミナー情報を追加しました

2015年07月03日 第64回品川セミナー申込を開始しました

2015年06月05日 第63回品川セミナー申込を開始しました

2015年06月03日 第64回品川セミナー情報を追加しました

2015年05月13日 第63回品川セミナー情報を追加しました

2015年05月08日 第62回品川セミナー申込を開始しました

2015年04月15日 第62回品川セミナー情報を追加しました

2015年04月03日 第61回品川セミナー申込を開始しました

2015年03月09日 第61回品川セミナー情報を追加しました

2015年03月06日 第60回品川セミナー申込を開始しました

2015年02月06日 第60回品川セミナー情報を追加しました

2015年02月06日 第59回品川セミナー申込を開始しました

2015年02月06日 第59回品川セミナー情報を追加しました

2015年01月09日 第58回品川セミナー申込を開始しました

2014年12月15日 第58回品川セミナー情報を追加しました

2014年12月5日 第57回品川セミナー申込を開始しました

2014年11月25日 第57回品川セミナー情報を追加しました

2014年11月7日 第56回品川セミナー申込を開始しました

2014年10月10日 第56回品川セミナー情報を追加しました

2014年10月3日 第55回品川セミナー申込を開始しました

2014年9月5日 第54回品川セミナー申込を開始しました

2014年9月1日 第55回品川セミナー情報を追加しました

2014年8月1日 第53回品川セミナー申込を開始しました

2014年7月25日 第54回品川セミナー情報を追加しました

2014年7月22日 第53回品川セミナー情報を追加しました

2014年7月4日 第52回品川セミナー申込を開始しました

2014年6月6日 第51回品川セミナー申込を開始しました

2014年5月22日 第52回品川セミナー情報を追加しました

2014年5月2日 第50回品川セミナー申込を開始しました

2014年4月4日 第49回品川セミナー申込を開始しました

2014年1月15日 第9回附置研究所・センターシンポジウム「京都からの提言」(仙台)申込を開始しました

2014年1月10日 第46回品川セミナー申込を開始しました

2014年1月10日 第47回品川セミナー情報を追加しました

2013年12月6日 第46回品川セミナー情報を追加しました

2013年12月6日 第45回品川セミナー申込を開始しました

2013年11月27日 第45回品川セミナー情報を追加しました

2013年11月1日 第44回品川セミナー申込を開始しました

2013年10月10日 第44回品川セミナー情報を追加しました

2013年10月3日 第43回品川セミナー申込を開始しました

2013年9月6日 第43回品川セミナー情報を追加しました

2013年9月6日 第42回品川セミナー申込を開始しました

2013年8月6日 第42回品川セミナー情報を追加しました

2013年8月2日 第41回品川セミナー申込を開始しました

2013年7月19日 第41回品川セミナー情報を追加しました

2013年7月5日 第40回品川セミナー申込を開始しました

2013年7月2日 第40回品川セミナー情報を追加しました

2013年6月1日 第39回品川セミナー申込を開始しました

2013年5月15日 第39回品川セミナー情報を追加しました

2013年5月2日 第38回品川セミナー申込を開始しました

2013年4月5日 第37回品川セミナー申込を開始しました

2013年3月6日 第38回品川セミナー情報を追加しました

2013年3月1日 第36回品川セミナー申込を開始しました

2013年2月5日 第37回品川セミナー情報を追加しました

2013年2月1日 第35回品川セミナー申込を開始しました

2013年1月21日 品川セミナー第36回情報を追加しました

2013年1月18日 品川セミナー第35回情報を追加しました

2013年1月11日 第34回品川セミナー申込を開始しました

2012年12月12日 第8回附置研究所・センターシンポジウム「京都からの提言」(北海道)申込を開始しました

2012年12月10日 第33回品川セミナー申込を開始しました

2012年12月5日 品川セミナー第34回情報を追加しました

2012年11月9日 品川セミナー第33回情報を追加しました

2012年11月2日 第32回品川セミナー申込を開始しました

2012年10月5日 第31回品川セミナー申込を開始しました

2012年10月2日 品川セミナー第32回情報を追加しました

2012年9月7日 第30回品川セミナー申込を開始しました

2012年8月27日 品川セミナー第31回情報を追加しました

2012年8月3日 第29回品川セミナー申込を開始しました

2012年7月30日 品川セミナー第30回情報を追加しました

2012年7月19日 品川セミナー第29回情報を追加しました

2012年7月6日 第28回品川セミナー申込を開始しました

2012年6月1日 第27回品川セミナー申込を開始しました

2012年5月18日 品川セミナー第28回情報を追加しました

2012年5月11日 第26回品川セミナー申込を開始しました

2012年5月7日 品川セミナー第27回情報を追加しました

2012年5月1日 品川セミナー第26回情報を追加しました

2012年4月6日 第25回品川セミナー申込を開始しました

2012年3月2日 品川セミナー第25回情報を追加しました

2012年3月2日 第24回品川セミナー申込を開始しました

2012年2月29日 品川セミナー第24回情報を追加しました

2012年2月8日 第23回品川セミナー申込を開始しました

2012年2月6日 品川セミナー第23回情報を追加しました

2012年1月6日 第22回品川セミナー申込を開始しました

2011年12月6日 品川セミナー第22回情報を追加しました

2011年12月2日 第21回品川セミナー申込を開始しました

2011年11月15日 品川セミナー第21回情報を追加しました

2011年11月7日 第20回品川セミナー申込を開始しました

2011年10月2日 品川セミナー第19回情報を追加しました

2011年10月2日 品川セミナー第20回情報を追加しました

2011年9月2日 第18回品川セミナー申込を開始しました

2011年8月29日 品川セミナー第18回情報を追加しました

2011年8月5日 第17回品川セミナー申込を開始しました

2011年7月5日 品川セミナー第17回情報を追加しました

2011年7月4日 第16回品川セミナー申込を開始しました

2011年6月6日 品川セミナー第19回情報を追加しました

2011年6月3日 第15回品川セミナー申込を開始しました

2011年5月25日 品川セミナー第15回情報を追加しました

2011年5月13日 第14回品川セミナー申込を開始しました

2011年5月9日 第6回附置研究所・センターシンポジウム(京都)申込を開始しました

2011年4月22日 品川セミナー第14回情報を追加しました

2011年4月14日 第13回品川セミナー申込を開始しました

2011年3月7日 品川セミナー第13回情報を追加しました

2011年1月24日 品川セミナー第12回情報を追加しました

2011年1月11日 第10回品川セミナー申込を開始しました

2010年12月10日 第9回品川セミナー申込を開始しました

2010年12月1日 第6回附置研究所・センターシンポジウム申込を開始しました

2010年11月10日 第8回品川セミナー申込を開始しました

2010年10月15日 品川セミナー第10回情報を追加しました

2010年10月12日 品川セミナー第9回情報を追加しました

2010年10月12日 品川セミナー第8回情報を追加しました

2010年10月12日 第7回品川セミナー申込を開始しました

2010年9月30日 品川セミナー第11回情報を追加しました

2010年9月13日 第6回品川セミナー申込を開始しました

2010年8月27日 品川セミナー第7回情報を追加しました

2010年8月9日 第5回品川セミナー申込を開始しました

2010年8月2日 第6回附置研究所・センターシンポジウム「京都からの提言」情報を追加しました

京都大学附置研究所・センター
Kyoto University Institutes and Centers (KUIC)


第57回品川セミナー
平成27年2月6日(金) 17:30より
村上 勇介(地域研究統合情報センター准教授)

ネオリベラリズム後の政治世界
─安定化の条件をラテンアメリカの経験からさぐる─

 

国家が一定の役割を果たす経済社会発展のあり方が行きづまり、市場経済原理を徹底し国家の役割を縮小させる経済路線がとられる。そうした路線は、ネオリベラリズム、新自由主義と呼ばれる。ネオリベラリズム路線のもと、社会における格差が拡大する一方、政治が流動化する。いまさら多言を弄する必要あるまい。細かい状況や歴史的、地域的な文脈が異なるものの、わが国をふくめ、多くの国々において観察されている現象である。

日本においてネオリベラリズム路線が本格的にとられるのは、自民党の小泉政権(2001年〜2006年)においてである。戦後の日本政治を支えてきた「55年体制」が1990年代にはいって崩れ、政治の流動化が始まった。それからすれば、ネオリベラリズムの本格的な導入によって、日本の政治が流動化したわけではない。しかし、ネオリベラリズムの導入、ならびにその結果として少数の「勝者」と多数の「敗者」が出現し格差が拡大する社会情勢のなかで、政治の流動化が加速したことは確かである。少なくとも、今後、10年、20年にわたり、日本の政治、とりわけその政党政治が、「55年体制」のもとで経験したのと同レベルの安定度を実現する見とおしは存在しない。

ネオリベラル改革後に政治が安定することはないのであろうか。安定化する場合があるとすれば、それは、どのような条件のもとで実現するのであろうか。

本セミナーでは、前述の問いにたいする答えを、ラテンアメリカの経験を振りかえる作業をつうじて、探してみたい。

なぜラテンアメリカに注目するのか。ラテンアメリカは、1970年代という、世界的にみて、比較的早い時期からネオリベラリズム路線の導入が始まった地域で、現時点において、すでに、同路線の帰結が地域レベルで観察、比較できるためである。

ラテンアメリカでは、1970年代までの約半世紀の間、輸入していた製品を自国で製造するようにする輸入代替工業化を中心とする国家主導型の社会経済開発が推進された。「国家中心モデル」と呼ばれるこの開発モデルは、1970年代までには、その破綻が誰の目にもあきらかとなった。それに代わり、1980年代からは、グローバル化の進展を背景にネオリベラリズム路線が導入され、「市場中心モデル」が基調となった。そして、1990年代は、ネオリベラリズムが支配的な時代となった。しかし、「市場中心モデル」のもとでは、マクロ経済レベルの安定と発展は可能となったものの、歴史的、構造的にラテンアメリカ諸国が抱えてきた格差や貧困を克服するにはいたらなかった。そのため、1990年代末以降、ネオリベラリズムの見直しを求める勢力が台頭し、今世紀にはいると、多くの国で政権を握る「左傾化」現象が観察されてきた。

ただ仔細にみると、現在のラテンアメリカは、1990年代のような、全体として一定の支配的な方向に向かいつつあるというよりは、まだら模様の状態である。ネオリベラリズムを堅持している国が存在する一方、「国家中心モデル」への回帰を志向する場合や、市場原理の原則は維持しつつも社会政策などで国家の役割を強める中間路線の例がある。大きくは、こうした3つの方向性が観察されてきているなかで、歴史的背景の違いなどから、国ごとに多様な過程を呈している。

他方、ネオリベラリズム改革以降、様々な矛盾を抱えつつも政治が安定化してきた国もあれば、社会紛争を克服し調和を実現する糸口が見いだせずに不安定な国もある。ただし、前者の例は少数にとどまる。いずれにせよ、ネオリベラリズムを支持する立場の右派勢力も、格差や貧困といった社会経済の課題を無視できなくなっている。ネオリベラリズム全盛の時代は過ぎたという意味で、ラテンアメリカはネオリベラリズム後(ポストネオリベラリズム)の時代に入っている。

如上のようなラテンアメリカが提供する題材のなかから、本セミナーでは、ネオリベラリズム後に、政治、とりわけ政党政治が安定した国と不安定な国が存在することに着目する。そして、そのような異なった帰結を生じさせた原因を探究し、政治が安定化する条件を考察する。


ペルー・アンデス高地での地方選挙運動(サッカーボールをシンボルとする地方政党)


ペルーの首都リマ郊外に広がる貧困層居住地区


ペルーの投票所で開票にあたる投票所責任者(左の3名、有権者から選ばれる)の作業を見守る政党代表者(右の4名)


支持者の前で演説するボリビアのモラレス現大統領